八幡型鳥居工事

16尺八幡型鳥居 新設工事

※写真をクリックで拡大・縮小できます。

  • 1. 靴石に柱を据え、中貫石と左側の外貫石を入れています。
  • 2. 靴石と柱はこういう感じ。
  • 3.爪石を取り付けています。笠石の準備もOKです。
  • 4. 笠石の写真です。2分割になっています。
  • 5. 額はこうして支えます。
  • 6. その上にいよいよ笠石が乗ります。
  • 7. 右側の笠石も慎重に乗せていきます。
  • 8. 見事な16尺八幡型の鳥居が完成しました。

18尺八幡型鳥居 修復工事

  • 1. 大きな鳥居を支える靴石です。
  • 2. 既存の柱を吊り上げます。
  • 3. 寸法通りに製作した靴石に柱をはめ込みます。
  • 4. 新しい靴石と柱が一体になりました。
  • 5. 角度調整も入念に行います。
  • 6. 左右の柱がそびえ立ちました。
  • 7. 新しくなった中貫石です。
  • 8. 二本の柱の間に取り付けます。
  • 9. キッチリはまって、新しい中貫石と柱が一体となりました。
  • 10. 既存の外貫石の取付けです。
  • 11. 新しくなった額が中貫石の上に乗ります。
  • 12. 既存の笠石が額の上に乗ります。
  • 13. 笠石は2分割なので、左側も額の上に乗ります。。
  • 14. 新しい額と中貫石に笠石が乗った瞬間です。
  • 15. 笠石の二段目を取り付けます。
  • 16. 八幡型鳥居らしくなってきました。
  • 17. これで左右対称の笠石になりました。
  • 18. 18尺八幡型鳥居の修復が完成しました。
ページ先頭へ